e介護ネット
e介護ネット
初めての介護でも安心。介護保険・福祉施設・介護サービス 支援



介護用品(福祉用具)

進む高齢化社会で便利な介護用品。聞きなれない器機の名前も多いとい思います。介護用品(福祉用具)の一部をご紹介いたします。

自走用標準型車いす

自走用標準型車いすは、要介護者等が自ら手でハンドリム(後輪の外側についている輪)を操作したり、足で床を蹴って移動したりする福祉用具です。背の後ろに介助者が押せるようにグリップがついている場合が多い。
本人が操作することを前提としている為ブレーキなどは後輪前方についています。

介助用標準型車いす

介助用標準型車いすは、移動に必要な操作を介助者が行うことを前提とした車いすです。介助者の操作がしやすいよう、ブレーキの位置は後輪の後方についているものが多く、製品によっては後輪の径が小さく使用者の手が届かないものもあります。ハンドグリップに補助ブレーキをつけて、下り傾斜の制動しやすい製品もあります。

電動車椅子

電動車椅子は、自走用標準型車椅子を操作することが難しい人が、屋外を効率的かつ安全に移動するために車輪を電動モーターで駆動する福祉用具です。
標準型・リクライニング・座席昇降など多機能なものがあります。

道路交通法上は(電動車いすに乗った)歩行者とみなされ運転免許は不要です。
座席の下にバッテリーを積んでいるため結構な重量があります。

特殊寝台

特殊寝台は、一般的に「介護ベッド」「電動ベッド(ギャッチベッド)」と言われます。
介護保険の対象となるのは、サイドレールが取り付けてあるものまたは取り付け可能なもので、背部または脚部の傾斜角度を調整できる機能。もしくは床板の高さを無段階に調整できる機能を有するものとなっています。

手動でレバーを回して調整するタイプと、電動モーターによる可動タイプがあります。手動ベッドタイプは介助する方が操作します。 電動タイプは利用者本人が手元スイッチを押し操作します。

床走行式リフター

床走行式のリフターは移乗を介助するもっとも手軽な機器です。上下の動きは油圧、空気圧、水圧を使用したポンプの動きにより駆動されます。水平方向の移動は台車にキャスター輪がついており、介助者が押して移動させます。

リフターを利用するには、いろいろな面で住居の改造が必要となります。
畳の上では使用しづらく、安定性を維持するため台車の面積は大きめにとり、移動のために広いスペースも必要です。段差も取り除く必要があります。シート状の吊り具はしきこみが大変なので、慣れるまで時間がかかり、使用方法は指導を受ける必要があります。

ベッドから車椅子への移動には1人で可能なので、介助者の負担を少しでも減らすという点で有効な道具です。

天井走行型リフター

天井に設置したレール上を走行するクレーン型のリフターが「天井走行型リフター」です。居室が畳であったり面積が狭い場合は、床走行式リフターよりも適している場合があります。

設置する為には、使用場所までレールを設置する住宅の改造が必要となり、費用が非常に高価となります。日本家屋では、レールを設置するために新たに柱をたてる必要があります。

段差解消機(段差解消リフト)

玄関などに設置し、上下移動することで段差を解消するリフトです。
動力源は電動式と手動式があり、電動式はスイッチ操作を本人が行なうことができます。負担軽減効果が高いので、高価ではありますが一般的となっています。
手動式のタイプは、ハンドルもしくは足踏みペダルを介助者が操作します。

玄関の段差や建物と地面の間に数センチ〜2メート程度の段差がある場合、一般的にはスロープを設置して対処します。しかしスロープ設置には広い敷地が必要となり、余裕がない場所では段差解消機で段差を解決します。

階段昇降機

階段昇降機は、高齢者や障害者をいすに座らせたまま階段を安全に昇降させるための装置です。階段の側壁に取り付けられたレールに沿って、いすが電動で昇降します。「直線階段用」「曲線階段用」と大きく分類されています。
エスカレータが無い駅や大学構内などの公共施設で見かけることができます。

補聴器

補聴器は、低下した聴力を補うために音声を電気的に増幅し、耳の伝音・感音系に効果的に伝え、音声を人の耳に届けます。基本的に、マイク・スピーカー・増幅器および電池で構成されます。箱型(ポケット型)・メガネ型・耳かけ型・耳穴型などの種類があります。

最近では単純な音声の増幅だけでなく音質調整機能を備えたものや、デジタル補聴器のように時間に関する処理(ゆっくりとした話し声に聞こえる)を行い、より聞きやすい音声を提供するものもあります。

杖(つえ)

高齢者が使う杖としては、ステッキ型杖・T字型杖・多脚型杖・折りたたみ杖などがあります。

ステッキ型杖は、映画で有名なチャップリンが使用している杖で、常時持ち歩いても体裁がよいと言われています。

T字型杖は、ステッキ型より体重がかけやすいように、取っ手と支柱に角度がつけてあり、最も多くの人に使われています。

さらにいっそうの安定を求めて作られたのが多脚型の杖です。取っ手は1つですが脚部が4本または3本となっていて、着地面積が広く安定度が高いです。立つ姿勢の悪い人の歩行訓練に適しています。

折りたたみ杖は、T字型杖を折りたたみ、附属のケースに入れられるようにしたタイプです。携帯に便利ですが、軽い構造のものが多くやや耐久性に欠けることがあります。

歩行器

歩行器には、4脚歩行器、4脚2輪歩行器、4輪歩行器などがあります。

4脚歩行器は、金属パイプを箱形に組み、その中に立って体を支えるタイプで、両手で歩行器を持ち上げ前方に運び、下肢を交互にふりだします。
上肢の筋力と立位バランスが必要となります。

4脚2輪歩行器は、4脚のうち前二輪に車輪をつけています。
比較的上肢の筋力低下のある人でも使用可能です。

4輪歩行器は、4脚のすべてに車輪がついていて、馬蹄型のパッドで前腕部や脇を支持するもので、安定性に優れ操作も簡単です。
立位バランス不良例や、全身の筋力の低下した高齢者にも利用しやすいと言われています。病院内でよく使われているのはこの4輪歩行器です。

シルバーカー

座って休憩することが出来、買い物などの物を運ぶ機能を持つ独自の四輪車のことを「シルバーカー」と呼びます。コンパクトで収納が簡単なので、特に女性の高齢者に人気があります。


 






介護用品 福祉用具を知る・調べる

介護,福祉,用品,用具,販売,レンタル,通販,店,福祉,カタログ,ベッド,入浴,杖,トイレ,車椅子,シルバー カー,紙おむつ,医療費,控除,スロープ,椅子,歩行器,ポータブルトイレ,専門店,リース,激安,機器,車いす,ステッキ,貸与,専門,相談,購入,品目,リフト,とは,ショップ,,介護用品 福祉用具

携帯できる介助用車椅子 介護やアウトドアでも大活躍!軽量折りたたみで持ち運び便利!低価格&ノーパンクタイヤで便利です

  1. e介護ネットトップページ>
  2. 介護用品・福祉用具
e介護ネットトップページへ