e介護ネット
e介護ネット
初めての介護でも安心。介護保険・福祉施設・介護サービス 支援



介護の資格/介護のお仕事

高齢化社会といわれる昨今、医療・介護・福祉関連の仕事のニーズが高まってきました。介護者の症状や状況に合わせ、また施設によって、多くの専門的な職業・資格があります。

生きがい情報士

中高年齢者の生きがい支援の専門職。

熟成期の社会参加・就労・健康・余暇・経済・医療・福祉などの領域に関する専門知識、相談援助のための専門技術、支援情報を検索するためのコンピュータ技術などを幅広く身につけ、1人ひとりに最適な情報の提供、関連機関などへの紹介、ライフプランの作成などの支援を行います。

移動介護従事者(旧:ガイドヘルパー)

視覚に障害のある人や、車いすを利用している人、知的障害をもつ人が外出する際に、歩行や車いすの介護を行うのが、移動介護従業者です。障害者の外出をサポートし、自立と社会参加を支援します。

視覚や全身に障害のある人に対する移動介護には、ホームヘルパーの資格だけでは従事できないことになっています。

ケアクラーク

介護福祉分野の事務専門職で、円滑な介護福祉サービスを支えます。
介護報酬請求事務などの窓口業務だけでなく、介護保険関連の制度・運用、介護や医学の知識、コミュニケーション能力などが必要となれます。

介護老人福祉施設・介護老人保健施設・介護療養型医療施設・訪問介護ステーション・在宅介護支援センターなどで活躍します。

健康生きがいづくりアドバイザー

中高年の生きがいづくりを支援します。
中高年サラリーマンを対象に、健康で趣味やサイドワークをもった生活を支援するため、相談やイベント企画などを行います。

盲導犬訓練士・盲導犬歩行指導員

視覚に障害がある人の歩行をサポートする盲導犬を訓練します。

介護支援専門員(ケアマネージャー)

介護認定のもとになる「ケアプラン作成」や評価に関わる重要な役割を担います。
また、介護される方の希望に沿って、サービス利用の提案や手配、市町村や事業所への連絡・確認・フォローまで広く担当する、介護保険利用の調整役です。

介護福祉士

要介護の高齢者・障害者のケアに取り組む専門職です。要介護者の自立した生活を支援するための日常介護や、介護する家族などについても指導します。

特別養護老人ホーム・身体障害者療護施設・老人保健施設など常時介護を要する高齢者・障害者の施設、在宅の要介護者を支援するホームヘルパーとして活躍します。

義肢装具士

義肢装具士は、体の失われた機能を補うため義肢・装具を製作し、適合させ、日常生活や社会復帰がスムーズに行えるよう手助けする医療専門職です。
医師をはじめとするリハビリテーションチームの一員として他のスタッフと連携して患者のニーズに応えます。

言語聴覚士

言語聴覚士は、「耳が聞こえず言葉がわからない」「言葉を発することができない」「言葉を理解することができない」といったコミュニケーションに関して障害をもつ人に対して専門的にリハビリテーションを行います。

声を発する、会話する、聞くことに障害のある人を訓練・検査し、医師の指示のもと、嚥下訓練や人工内耳を調整したりもします。高齢化が進み、食べ物を飲みこむことができない嚥下障害、脳卒中後の失語症、難聴などが多くなってきますが、言語聴覚士によって回復が期待されます。

病院のほか、老人保健施設・身体障害者福祉施設・児童相談所・聾学校・養護学校などで幅広く活躍します。

作業療法士

作業療法士は、身体または精神に障害がある方に対して、機能回復、社会復帰をめざし、 工作や手芸などの作業、生活動作の訓練などを通じて、機能の回復や機能低下の予防を図ります。

食事や洗面などの日常生活動作訓練、職業に向けての作業訓練など、幅広い援助が行われております。老人の生きがい対策にも有効とされており、作業療法士が医療機関や福祉施設でデイケアの指導など行っていることもあります。

視能訓練士

視能訓練士は、眼科の医師の指導のもと、患者と向き合う眼科領域専門の医療スタッフです。眼科一般検査、両眼視機能の検査と矯正訓練、集団検診における視機能スクリーニング、視力低下者に対する補助具(拡大鏡など)の選定・指導の4つがおもな仕事。

社会福祉士

社会福祉士は、専門的知識及び技術をもって、身体上もしくは精神上の障害がある、または環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある方に対して、福祉に関する相談に応じ、助言・指導・福祉サービス関係者との連絡及び調整やその他の援助を行います。ソーシャルワーカーとして病院や施設の紹介、またヘルパーの派遣など、相談者の生活環境を把握し適切な判断をすること求められます。

おもに、福祉事務所・児童相談所・各種社会福祉施設・社会福祉関係団体・医療機関などで活躍します。

社会福祉主事

社会福祉主事は、福祉事務所などの行政機関に所属し、福祉六法に基づく相談援助業務に従事する専門職です。

生活保護のケースワーカーや障害者福祉、老人福祉の担当者として、保護・援助を必要とする方に対して面接・訪問・調査を行い、法律にそった援護・育成・更生などの措置に関する事務、及び関連機関との調整を行います。

社会福祉主事任用資格は、地方公共団体等に任用されることで「社会福祉主事」と名乗ることができます。高齢者施設や市町村社会福祉協議会などで活躍します。

手話通訳士

聴覚障害者と健聴者との円滑なコミュニケーションのために手話通訳を行います。
手話放送のニュースで活躍しているのも手話通訳士です。
手話通訳士の資格は公的な資格で、近年、給与の資格手当対象となったり、職員採用時の応募条件になったりするケースも増えてきています。

精神保健福祉士

精神科の医療機関・保健所・精神障害者の福祉施設などで、精神障害者の社会復帰を援助する専門職です。

就労、各種給付制度などの相談に応じ、支援制度の利用など退院後の生活についての助言・指導を行ったり、生活や金銭管理など日常生活に適応するための訓練をします。家庭・学校・職場などとの連絡・調整・手続きなども行います。

福祉レクリエーション・ワーカー

心身に障害を持つ人や高齢者などが、レクリエーションを通じて自己実現の快感を得たり、生きがいを見出す手助けを行うのが福祉レクリエーション・ワーカーとです。
福祉施設などでのレクリエーションタイムを楽しく提供できるように、企画・準備・運営などを行います。

福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーターは、医療・福祉・建築についての幅広い知識を身につけ、高齢者や障害者に対して住みやすい住環境を提案するアドバイザーです。
環境で福祉サービスに貢献するバリアフリーのスペシャリスト。
各種専門職と連携をとりながら、適切な住宅改修プランを提示し、福祉用具などの選択や利用法についてもアドバイスを行います。
また福祉施策・福祉・保険サービスなどの情報を提供します。

福祉用具専門相談員

福祉用具専門相談員は、介護が必要な高齢者や障害者に福祉用具をレンタルしたり、販売するときに的確なアドバイスする専門職です。
利用者の症状や障害の度合いを見きわめ、ニーズに合わせて福祉用具を選定し、正しい使い方をわかりやすく指導します。

介護保険の対象となる福祉用具を販売・レンタルする場合は、各事業所ごとに2名以上の福祉用具専門相談員をおくことが義務づけられています。

訪問介護員(ホームヘルパー)

高齢者や心身の障害により日常生活に支障のある人を対象に、 利用者の生活のスタイルを尊重しつつ、食事・排泄・着替え・入浴の世話などの身体介助。料理・洗濯・掃除・買物などの家事援助。生活上の相談に対するアドバイスを行います。
在宅や施設などにより提供するサービスもさまざまです。

理学療法士

理学療法士は、病気や事故等で身体に障害を持つ人を対象に、 医師と連携し、理学療法を駆使してリハビリテーションを行います。筋力の増強などの運動療法と温熱・電気などを使った物理療法を中心に、日常生活を送るうえでの基本的な動作能力の回復を図ります。リハビリテーションだけではなく精神面のサポートもします。



 






介護の資格を知る・調べる

介護,資格,仕事,求人,高齢化,社会,医療,福祉,ニーズ,専門,生きがい情報士,移動介護従事者,ガイドヘルパー,ケアクラーク,健康生きがいづくりアドバイザー,盲導犬,訓練士,歩行指導員,ケアマネージャー,支援,介護福祉士,義肢装具士,言語聴覚士,作業療法士,視能訓練士,主事,手話通訳士,精神保健福祉士,レクリエーション・ワーカー,住環境コーディネーター,用具専門相談員,訪問介護員,ホームヘルパー,理学療法士,,介護の資格

携帯できる介助用車椅子 介護やアウトドアでも大活躍!軽量折りたたみで持ち運び便利!低価格&ノーパンクタイヤで便利です

  1. e介護ネットトップページ>
  2. 資格一覧
e介護ネットトップページへ