e介護ネット
e介護ネット
初めての介護でも安心。介護保険・福祉施設・介護サービス 支援



有料老人ホーム

食事・介護・家事・健康管理など、日常生活に必要なサービスを提供する民間施設で、サービス費用および入居にかかるすべての費用が有料となる高齢者向け住宅です。

有料老人ホームの定義

法的には、有料老人ホームは以下のように定義されています。

老人を入居させ、入浴、排泄若しくは食事の介護、食事の提供、又はその他の日常生活上必要な便宜であって厚生労働省で定めるものの供与(他に委託して供与する場合及び将来供与することを約する場合も含む)をする事業を行う施設で、老人福祉施設、認知症対応型老人共同生活援助事業を行う住居その他厚生労働省令で定める施設でないもの。

有料老人ホームの種類

有料老人ホームには大きく分けて以下の3つの種類があります。入居者様の要望に合った最適な居住の場を選ぶにあたって重要なポイントです。

 介護付有料老人ホーム

「特定施設入所者生活介護」に指定された有料老人ホームで、介護サービスの提供を義務付けられている居住施設です。要介護者3人に対して、介護スタッフが1人以上配置されています。

有料老人ホームのスタッフが介護サービスを提供する「一般型特定施設入所者生活介護」と、介護サービスを委託先の介護サービス事業者が提供する「外部サービス利用型特定施設入居者生活介護」があります。

※「特定施設入居者生活介護」の指定を受けていないホームは、「介護付」と表示することはできません。


 住宅型有料老人ホーム

食事など生活支援のサービスが付いた高齢者向けの居住施設です。介護サービスの提供はありません。介護が必要となった場合は、外部の介護サービスを利用しながら、当該有料老人ホームの居室での生活を継続することが可能です。この場合は、介護サービスは有料となります。

※「特定施設入居者生活介護」の指定を受けていないホームは、「介護付」「ケア付」などの表示をすることができません。


 健康型有料老人ホーム

自立して生活できる方が対象で、食事などのサービス提供がある高齢者向けの居住施設です。介護が必要となった場合は、契約を解除して退去する必要があります。

「特定施設入居者生活介護」の指定を受けていないホームは、「介護付」「ケア付」などの表示をすることができません。


有料老人ホームの権利形態

有料老人ホームにもいくつかの権利形態があります。契約する前によく確認する必要があります。

 利用権方式

居室や共用施設を利用するなど、該当施設で生活する「権利」を取得する方式が「利用権方式」です。居室などの「所有権」は入居者にはありません。
入居時に一時金を支払うことで、生涯にわたって利用し、住み続ける権利が持てる「終身建物賃貸借方式」と、家賃相当額を月払いにする「建物賃貸借方式」があります。

 終身賃貸方式

「高齢者の居住の安定確保に関する法律」による基づく終身建物賃貸借事業の許可を受けた施設で、死亡するまで契約が継続する方式が「終身賃貸方式」です。
入居金・入居一時金を支払うことで、生涯にわたって居室やお風呂などのスペースを利用できます。「所有権」は入居者にはありません。相続もできません。

 所有権分譲方式

一般の賃貸住宅と同じように毎月の家賃、管理費、水道光熱費などの相当額を支払う方式が「所有権分譲方式」です。
支払いが続くかぎり、利用する権利が続きます。



 






有料老人ホームを知る・調べる

老人,ホーム,有料,特別,養護,介護,付,軽費,費用,施設,千葉,住宅型,とは,入居,一覧,相談,兵庫,施設,愛知,紹介,検索,種類,高級,協会,横浜,認知症,ボランティア,全国,見学,食事,定義,センター,関西,案内,関東,評判,資料請求,食事,世田谷区,足立区,都内,選び方,,有料老人ホーム

携帯できる介助用車椅子 介護やアウトドアでも大活躍!軽量折りたたみで持ち運び便利!低価格&ノーパンクタイヤで便利です

  1. e介護ネットトップページ>
  2. 有料老人ホーム
e介護ネットトップページへ