e介護ネット
e介護ネット
初めての介護でも安心。介護保険・福祉施設・介護サービス 支援



居宅介護保険住宅改修費(介護予防住宅改修費)の利用

介護が必要な状況になると、今までの住宅での生活が困難になる場合があります。住宅を改修することで生活ができる場合、介護保険では住宅改修に要する費用(上限20万円)を支給します。

支給額

■ 支給は原則1回
■ 住宅改修費用上限20万円に対して、自己負担額が1割りとなります。
■ 住宅改修費用が20万円を越えた場合、20万円の1割と、20万円を越える分が自己負担となります。

住宅改修費の見積が20万円を越えた場合、各自治体でも独自に住宅改修補助制度を設けている場合があります。適用地域であれば、住宅改修費の見積が20万円を越えた場合、合わせて利用することで自己負担を抑えることができます。

申請

介護保険で住宅改修をするには事前に申請が必要です。申請せずに改修をした場合は、介護保険給付の対象となりません。
工事を行う前に、お住まいの市区町村の介護保険窓口や担当地域の包括支援センターに申請ください。

対象となる住宅改修工事

■ 廊下・階段・浴室・トイレ・玄関などへの手すり設置
■ 段差解消のためのスロープ設置、敷居の平滑化、浴室ゆかのかさ上げなど
■ 滑り防止や円滑な移動のための床材変更
■ 扉の取り換え
■ 洋式便器等への取り換え


 






介護 住宅改修費(介護予防住宅改修費)の支給を知る・調べる

介護,保険,住宅,改修,耐震,工事,高齢者,手すり,障害者,補助金,事例,リフォーム,バリアフリー,支給額,申請,自己負担,額,対象,包括支援センター,内容,利用,,介護 住宅改修費(介護予防住宅改修費)の支給

携帯できる介助用車椅子 介護やアウトドアでも大活躍!軽量折りたたみで持ち運び便利!低価格&ノーパンクタイヤで便利です

  1. e介護ネットトップページ>
  2. 住宅改修費の支給
e介護ネットトップページへ