e介護ネット
e介護ネット
初めての介護でも安心。介護保険・福祉施設・介護サービス 支援



訪問介護/介護予防訪問介護(介護保険)

介護保険の居宅サービス(自宅で利用できるサービス)のひとつで、介護福祉士や、訪問介護員(ホームヘルパー)などが家庭を訪問して、入浴・排泄・食事等の介護や、調理・洗濯・掃除などの家事、生活等に関する相談・助言等の必要な日常生活上の援助を行います。介護予防訪問介護は生活機能を維持向上させる観点から、軽度者(要支援1、2)に適した内容、期間、方法でサービスが提供されます。

 訪問介護(ホームヘルプ)
 要介護1〜5と認定された方が対象となります

大きく分けて「生活援助」と「身体介護」があります。
利用に際して単価が異なるためどのようなサービスを利用するかによって自己負担額が変わってきます。

生活援助
日常生活を送る上で必要不可欠な家事について、利用者本人ひとりではできない部分を支援します。

例: そうじ、洗濯、調理、買い物、衣服の整理、ベットメイクなど

身体介護
  利用者が日常生活において行う動作介護、身辺介護、生活介護を行います。

  動作介護
    起床・就寝介助、体位変換、採尿パックの交換、水分補給、服薬介助など
  身辺介護
    歩行、更衣、部分浴、入浴の見守り、整容、口腔ケア、洗面、更衣、排せつ介助、おむつ交換 など
  生活介護
    食事介助、全身清拭、洗髪、入浴、シャワー介助、特別食事の調理、外出・通院介助、痴呆性高齢者の見守り的介助 など

 介護予防訪問介護
 要支援1・2の方を対象
対象となる高齢者が自力では困難な行為について、同居している家族等の支援や地域の支え合い支援サービスなどが受けられない場合には、訪問介護員(ホームヘルパー)によるサービスが提供されます。訪問介護とは違う点は、日常の家事などをできるだけ自力で行うことで、身体機能を維持していくことを目的としている点です。

 訪問入浴介護
 対象 要介護1〜5  対象 要支援1・2
入浴設備や簡易浴槽を積んだ移動入浴車などで自宅を訪問。入浴の介護を行います。 移動入浴車などで自宅を訪問し、本人の出来る範囲で、入浴の手伝いをします。

 訪問リハビリテーション
 対象 要介護1〜5  対象 要支援1・2
理学療法士や作業療法士・言語聴覚士などが自宅を訪問し、リハビリテーションを行います。 理学療法士や作業療法士・言語聴覚士などが自宅を訪問し、介護予防を目的として、リハビリテーションなどの指導を行います。

 訪問看護
 対象 要介護1〜5  対象 要支援1・2
訪問看護ステーションや医療機関の看護師などが、主治医の指示のもとに、自宅を訪問し、病状を観察したり、診療の補助を行います。 訪問看護ステーションや医療機関の看護師などが、介護予防の為の主治医の指示のもとに、自宅を訪問し、病状を観察したり、診療の補助を行います。

 






訪問介護サービスを知る・調べる

訪問,介護,事業,サービス,予防,保険,ステーション,入浴,看護,ホームヘルパー,求人,施設,医療,障害,調査,生活,援助,居宅,福祉,排泄,食事,調理,洗濯,掃除,家事,相談,助言,日常生活,要,支援,身体,動作,身辺,理学療法士,作業療法士,言語聴覚士,主治医,診療,補助,料金,利用,,訪問介護サービス

携帯できる介助用車椅子 介護やアウトドアでも大活躍!軽量折りたたみで持ち運び便利!低価格&ノーパンクタイヤで便利です

  1. e介護ネットトップページ>
  2. 訪問介護サービス
e介護ネットトップページへ